産み分けをしていましたが、なかなか授かれず最後は産み分けをほぼ断念した結果産み分けをしていましたが、なかなか授かれず最後は産み分けをほぼ断念した結果

1人目は男の子でしたが、男の子も可愛らしく子育ても楽しくしていました。けれど、自分が姉妹育ちなので次は女の子が欲しいなと思うようになり、また経済的な事を考えると子供は2人が限界だと思い産み分けをしました。

産み分けと言っても病院へは行かず、自分で本やインターネットを使って勉強しました。女の子が産まれやすい環境というのは、排卵日の2~3日前の性交渉でしかも女性側が感じない程度のあっさりとというもの。また、排卵日前にも何度か性交渉をした方が良いとのことで、その通り妊活をしていましたが半年ほどは全く授かれませんでした。その後排卵検査薬を使用し、陽性が出たら性交渉をストップという方法を取りましたがそちらも上手くいきません。

そのうち、産み分けを半分諦めるようになりとりあえず性交渉をあっさりと済ませることのみ守り、排卵検査薬で陽性が出ても気にしないようにしました。そして、しばらくするとようやく妊娠。排卵日は基礎体温上や検査薬上では1日前ぐらいだったと思いますが、本当の事は分かりません。基礎体温も本に書かれているような一番体温の低い日とは限らないようです。妊娠後もトラブルもなく、無事に生まれてきた子は女の子でした。よく読まれてるサイト>>>>>妊活ゼリーって何?くわしく書いていたのはこちらでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です